【審査結果発表!】
たくさんのご応募ありがとうございました!!
個性あふれる素晴らしい作品に審査員一同とても悩みました。 皆さまの作品に込められた思いやメッセージも一つひとつ拝読し、審査させていただきました。ご応募してくださった皆さま、本当にありがとうございました。


審査員による厳正な審査の結果、以下の賞を選出いたしました。

グランプリ・・・1点
準グランプリ・・・3点
特別賞・・・5点 審査員賞・・・5点 功労賞・・・10点


  クラールデイサービス
(ペンネーム) ダンボ さん

温かく優しい色使いが、遠い昔の記憶を鮮やかによみがえらせてくれるような作品です。青空、田舎道、遠くに見える家や山など、懐かしさあふれる風景も見事です。グランプリおめでとうございます!


   

老人デイサービスセンター百万石
工藤吟子さん(80)

葉の落ちた木々が描かれている様子から、冬場をイメージされた作品でしょうか。寒い季節でも、元気よく外で遊ぶ子供たちの様子が上手く表現されていますね。

デイサービスえにし
小川 勇さん(88)

水彩絵の具を使って、丁寧に塗ってくださいました。懸命に筆を走らせた跡がうかがえる努力の作品です。

佐鳴湖デイケアセンター
藤田きよ子さん(83)

木々や背景など、いろいろな色を重ねて色彩を出されています。塗り込みの細かさも見事です。


       

デイサービスセンター
ケアタウンてんじん
卜部諦良さん(82)

大胆な塗り込みの中にも焚き木やカラス、生い茂る草木など、細かな部分が表現されています。温かみのある色使いも特徴的ですね。

サニーステージ横濱吉野町
岩橋義人さん(86)

独特の色使いや、濃淡を上手く引き出すように工夫された塗り方が特徴的です。
作者が楽しんで塗られていた様子が伺えます。

なごやか三軒茶屋
手鹿幸夫さん(88)

背景の山からのぞく陽の光がよいアクセントになって、青空の元で遊ぶ子供たちがうまく表現されています。

生駒脳神経クリニック
デイケアセンター
森下八千代さん(73)

木の影を大胆に描き加えることでぬり絵全体が引き立てられていますね。木々の幹や子どもたちの服など、塗り込みも非常に秀逸です。

デイサービス オハナ家
椎名照子さん(84)

塗り絵のお手本のような、とても上手に仕上がった作品です。シンプルながらも丁寧に塗ることで、引き立てられる作品になっています。


       

けやき社 I・Hさん
枠にとらわれない自由な発想が輝いている作品ですね。個性的な世界観が表現されていて作者のセンスが溢れています。

公設宮代
福祉医療センター六花
Y.Iさん(85)

しっかりとした明るめの塗りが、楽しそうな遊びの雰囲気がよく現されていますね。

デイサービスふれあいの里
笠掛五枝さん(74)

下地の白を残しながら、上手く濃淡を表現された塗り絵です。細かく色を重ねて、さまざまな彩りがみられる作品です。

デイサービスセンター
気延の里
中山 知さん(30)

日の沈んだ夕暮れに、山の影が浮かび上がって見えています。暗くなるまで遊んだ子供時代の記憶が蘇りますね。

小田原鴨宮ケアセンター
若皆タケ子さん(72)

何色もの色を使って、木の質感や重量感が表現されています。「木」を主人公に見立てて塗られたそうで、しっかりとした存在感のある木になりました。


       

デイサービスセンター
さいかい
山口元明さん(85)

細かな部分までしっかり筆を入れようとされた作者の努力が伝わってきますね。

医療法人社団岡本医院
デイケアセンターなごみ
広瀬福市さん(83)

画面の隅々まで、力強くしっかりと描き加えてくださいました。「老木で遊ぶ子供たち、こんな農村を残したい」という作者の気持ちがしっかり込められています。

福祉サービスセンター
ほっと館
高橋征一さん(75)

目を惹く木の緑にも濃淡や色を加えるなどの工夫がなされています。画面から生き生きとした雰囲気が伝わってくるようです。

医療法人白水会 紀泉病院
川西光代さん

「丁寧に塗ることを心がけました」という作者の通り、独創的な色使いの中で、下絵を丁寧に塗ってくださいました。

デイサービスセンター
陽だまりの里
村岡久子さん(88)

今は亡き弟を思い出しながら塗ってくださったそうです。背景の山や木々を控えめに加えて、バランスよくまとめられた作品です。


       

宮古島市社協
生きいき教室
天久正子さん(80)

あれこれを色を変えたカラフルな作品です。色を使い分けたり塗り分けたりと、楽しくぬり絵に取り組まれた様子が伺えますね。

公設宮代
福祉医療センター六花
徳竹恵美子さん(60)

自宅に持ち帰って色々なペンを使い分けて塗ってくださいました。色濃く塗られた作品が目を惹きつけます。

鴨宮ケアセンター
飯山京子さん(87)

夕暮れ時の雰囲気や夫の子ども時代など、さまざまな情景を思い浮かべながら塗ってくださいました。

なごやか三軒茶屋
濱田良子さん(82)

明るくやわらかな色彩が、かわいらしい背景にとても良く合っていますね。女性らしい優しい感性で仕上げられたぬり絵です。

あきしま相互病院
河原木 巌さん(74)

夕焼けや柵で囲まれた納屋など、作者の子ども時代に見た風景でしょうか、しっかりとした存在感あるイメージで描かれた作品です。




copyright © copyright2007-2014 介護の宝箱 All rights reserved.